FC2ブログ

Latest Entries

「週末女子」か〜

最近、いやかなり前から若い女性にフィルムを使う古いカメラがブームらしい。
自分が毎日のように覗いているサイトにもこのような記事が(笑)
「mina」3月号

ここは、自分も行った事があるが、どうみてもオッさんの行く店だ(笑)
いや、中古カメラ店が、そもそもおっさんのものだ(笑)

むかし、カメラブームが起こった頃には、おばさま達も中古カメラ市に殺到したとか聞くが、自分はその光景を直に目撃したことはないので信じられないでいる。

でも、このように若い女子の間に静かに(だと思う)フィルムカメラ、いわゆる古いカメラがブームなのは歓迎だ。
残念なのは、地元にいると、それを全く感じられないことだ。

いつも言うが、カメラ散歩をしていてフィルムカメラをぶら下げた女子に会うことなど皆無だからだ。
みんなどこに隠れているのだろうか。

ブームは、いつかは去るとも言うけど、このブームはずっと続いて欲しいし(それだとブームとは言わないか)
いま、フィルムカメラを操る女子は、個人的にはとてもカッコイイ。
とてもチテキなのだ。

200120ひこうき

200120管

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

今年もよろしくお願い致します

お久しぶりです。
ブログのことはほったままにしておりましたが、元気にしております。
遅くなりましたが、本年もよろしくお願い致します。

昨年の暮れに宮崎市内を歩いていたら、若者数名がカメラを首からぶら下げて路地裏撮影会を行っていた。
さすが宮崎、いい光景だな、と近寄ってみると、全員がブロック塀の上でくつろぐ猫を撮影していた。
がっかりだ。

いや、猫を撮影しちゃいけないとは言わないが、もう少し若者らしいこちらを驚かせてくれるような被写体を見つけて欲しい。
カメラを肩からぶら下げた自分は若者の横を通り過ぎ、「いいかよく見ておけ、狙うべき被写体はこういう……」とばかりに、周りを見渡したのだが、猫以外にない……
いかん、自分は絶対に猫は撮らないぞ、と慌てて被写体を探したのだった。
いいかよく見ておけ、こうだ、逆光だぞ、アップで狙うぞ、背景の建物も計算どおりだ、とカンナだろうか、やや盛りを過ぎた大きい花を撮影するのが精一杯だった。

ファインダーから目を離して若者を見やると、彼らはすでに近くにはいなかった。
自分は、もう一度若者のいた方を確認して彼らがいないことを再確認すると、ブロック塀の上で微動だにしない白い猫を1枚だけ撮影してその場を離れたのだった。

今年も、楽しい一年にしたい。
たくさん歩きたいものだ。

2020かんな


今年もお世話になりありがとうございました

このところ、さっぱりブログの更新は音沙汰なしになってしまっている。
ブログの更新をうっかり忘れる

昨年の8月から続いていたブログ更新記録が今年の3月21日に途絶えてからは惨憺たるものだった。

今年はこれが最後の更新だ。
更新は極端に少なくなってしまったが、自分はありがたいことに、ほんと元気だ。
感謝だ。

来年は、毎日とは言わないが(言えないが)、できるだけ更新を行って、日々の記録を記しておきたい。

今年もありがとうございました。
来年も、皆様に幸多きことをお祈りいたします。
よいお正月をお迎えください。


写真は今夏の幸町バス停
雑草が残念だ

IMG_8905.jpg



父の腕時計の分解修理が終わった

先日のこの記事
地元で時計のオーバーホールを依頼する

昨日、無事に時計の分解修理が終わった。
昭和38年頃に作られたはずの腕時計が、地元で、こうやって修理できるということは非常にありがたい。
料金も安く、早くお願いすればよかった。
父の腕時計は、見事に復活し、再び正確に時を刻んでいる。

今回修理をお願いした「石井時計めがね店」
その外観からすると、店を構えてからずいぶん経つように感じるのだが、これまで自分はこの店の存在を知らなかった。
倶楽部のメンバーにも店のことを話して、古い時計があったらと勧めたが、やはり店の存在は知らないようだ。

時計に限らず、我々はこうやって地元の良店を知らないという事が多いのだろう。
もったいないことだ。
このような店を大事にしていきたいものだ。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

今週はカラーしてもらおう

自分は染めなければ、ほとんど真っ白だ。
そう、筑紫哲也さんか玉置浩二さんか、司馬遼太郎さんか……ほか思いつかないけど、もう十分だろう。

たまに、若いですね、と言われることがあるけれど、少々後ろめたい。
もし、染めていなくて真っ白な頭だったなら、と思うと、きっと誰からも若いですね、なんて言われないと思うのだ。

若いと言われたら、髪を染めてるのだよ、染めなければ真っ白よ(笑)と正直に言うことが多い。
みんな、自分が真っ白になっているところを見たことがないので(そういや自分も真っしろ白な状態はまだ見ていない)染めていると聞いてもピンとこないのかもしれない。

例によって、写真は本文の内容と全く関係ありません……

20191201山

20191201三

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

地元で時計のオーバーホールを依頼する

絶好調だった父の時計 だが、
秋になって、調子が悪くなった。
これまで驚くほど正確に時を刻んでいたのが、日に2、3分ずれるようになった。
しかも、時刻を調整する竜頭の動きが固い。

素人判断だが、元々何十年も前のものでオーバーホールもしていなかったのを、昨年あたりから使い出してこの夏も腕に巻いてたっぷり汗をかいたりしたのがいけなかったのではないだろうか。

どこかで修理してもらいたかったが、地元で修理の出来る時計屋さんというのが思い当たらなかった。
ネットで確認すると、中川原町に「ほの時計店」があったので早速訪ねてみた。
陽気な店主さんは、最近まで修理をしていたが目を悪くしていまはやっていないとおっしゃった。
いろいろ話をうかがっていると、目にはめるルーペを取り出して、こんな風に修理していたのだと説明してくれた。
目にはめるというか、目を挟むというか……
よくあれでルーペが落ちないものだと不思議に思った。
その老人が、旭町の石井さんの店に行くといいと教えてくれた。
彼なら、まだ若いから修理ができるはずだと。

今日の夕方、教えてもらった店を訪ねた。
奥さんらしき人に来店の理由を説明していると、奥から男性が現れた。
いかにも職人さん、という感じの男性が手際よく裏蓋を開けて中を見ながら、よくなると思いますよ、と言ってくれた。
こちらから聞く前に、オーバーホールの料金が伝えられ、自分はお願いしますと答えた。

実は、自分のものも含めて時計のオーバーホールなど初めてだ。
カメラでさえ、過去にライカM3をお願いしたことがあるくらいだ。

退院予定の12月10日が楽しみだ。


大きなカメラを持って歩く

最近、自分的にはフィルムづいてるというか、やっぱりフィルムでの撮影は楽しいなと思う。
見直したのは、いや、初めて気づいたのだけれど、PENTAX645Nの優秀さ(笑)
マニュアルの55ミリレンズをつけて散歩してみたが、なかなか心地よかった。
少々重いが、これくらいで音をあげていては恥ずかしいのだ。

しかも頑張った分の喜びは得られる。
645で撮った画質はすんばらしかった。
久しぶりに大きなフィルムを使ったけれど、やっぱりいい。
次回は、これもまた恥ずかしいくらい大きなカメラGW690 III を持って歩こう。

ブログ上では素晴らしさをお伝えするのは難しいが、圧倒的画質のポジを見てうっとりしてしまった……

20191124や

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

畳堤を活用して行われている「水辺の青空美術館」

延岡に残る 畳堤

公募した絵画を堤防に展示するという催しが五ヶ瀬川右岸の板田橋下流で開かれている。
知人の作品もあって楽しめた。

近藤先生の作品もあった。
さすがだな☺️

20191124こん

2019どう

作品は合板に描かれているので雨が心配だな、と思っていたが、展示は12月20日までとのこと。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

宮崎県海外留学賞歴代受賞者展

カマキリ君は元気だろうか、などと書いたら、そういうおまえは元気だったのか、と問われそうだ。
実は、カマキリ君を心配する記事が今月の初投稿だ(笑)

自分は元気だ。
ありがたい、本当に元気だ。
感謝だ。

先日は、宮崎市で行われていた県海外留学賞歴代受賞者の作品展を見た。
be級写真倶楽部のSKも、もちろん出品していた。
彼の作品は、SKらしいというか、be級らしいというか(笑)
ここ2、3年クラブ展を行っていないが、彼の展示を見て、我々の作品展もこんな感じだったよなと思い出してしまった。

SKのプロフィールは簡単なものだった。
それはいいのだが、プロフィールにbe級写真倶楽部所属となかったのが、ちょっと寂しかった。
以前は、「be級写真倶楽部所属」とやってくれてて、そこがちょっと誇らしく嬉しかったりしたのだ(笑)
真っ直ぐな彼の事だから、いまはほとんど活動のないbe級写真倶楽部所属、などとは書きたくなかったのだろう。

以前から大好きな橋本俊雄さんの作品を撮り忘れたため、ここに紹介できないのがとても残念だ。

20191122ゆ

20191122び

20191122じ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村




カマキリ君は元気だろうか

11月も中旬を過ぎ、このところ朝夕はかなり寒くなってきた。

毎年のことだが、この時期になると弱ったカマキリ君を庭で見かける。

ある日の昼間、ドウダンツツジの上にいたのが、夕方には自宅の窓にへばりついていた。
木の上や草の上の方が楽だろうに、このような場所に一晩中夜露を避けてじっとしているのだろうか。

いっそ、草むらの中にいた方がいいのじゃないだろうか、などと思ってしまうが、これがカマキリ君の護身術なのだろう。

このカマキリ君
寒さが厳しさを増した一昨日から見かけなくなった。
無事でいるのだろうか……

以前見かけたときに、写真を撮ろうとすると、こちらに首をもたげ、自分を睨みつけたように見えた。
弱ってはいるが、その毅然とした姿に、たかが昆虫だけれど立派だなと思ったのだった。

20191122か

20191122ま

20191122き

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

挨拶

最近、気になるのが、挨拶を交わすときに目を合わせない人の事だ。
挨拶は普通にしてくれるのに、絶対にこちらの目を見ない。
例えば床を掃きながら(つまり下を向いたまま)挨拶を返されるのだ。

このような人は案外多い。
何ヶ月か前に、何の店だったか忘れたが、「ありがとうございました」と言って店を出ようとする自分に、背中を向けたまま「ありがとうございました」と言われたときは、ちょっと面食らった。

断言するが、自分は決してこのような事はできない。
前職の頃も、一部の大嫌いなやつにも、挨拶だけは目を見ながら行った。
あ、違ったかな(笑)
自分の場合は、嫌いなやつには挨拶すらしなかったかもしれない……

だとすると、目を合わしてくれなくても、まだ挨拶を返す分だけマシなのかもしれないな。
いまさらだが反省だ(笑)

20191030煙突

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

ひまわりとコスモスの競演

矮性のひまわりとコスモスの畑
どちらも子どもの頃に知っているそれは、背が高くて見上げるような花だった。
特にひまわりはそうだ。

花壇としては背の低い方が使いやすいだろうし風雨にも強いはずだ。
だから矮性種が人気なのかな。

しかし、よく見ると、この写真では矮性種なのかどうかはっきりしない(笑)
30〜40cmほどしかなかったと思うが、それが伝わらないのが残念。

ひまわりとコスモス

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

Oさんと道路を挟んで会話する

前職の先輩でへぼ囲碁仲間で、いまは某地方議会の議員をしていて、一時期は自分の上司でもあったOさんを街で見かけた。
横断歩道の向こうとこちらでお互いに気づいたのだが、久しぶりだったので、ちょっと話しをしたくなった。

信号が青に変わるまで、手話での会話となった。
「ひさしぶり〜」
「ほんとに」
「いつも忙しそうですね」
「今日は仕事は休み?」
「いま帰りですよ」
みたいな会話を下手な手話で行ったのだった。

お互い聴覚障がい者ではないが、たまに会うと、むかし勉強した手話でこのような会話をする。
一番多く使うのは、「わからない」や「難しい」という手話だ(笑)
指文字も多くを忘れてしまっているし、手話での会話が長続きするはずもないのだ。
最後は、「わからない」や「難しい」でごまかしてしまうというのが情けない……が。

こんな手話の使い方に、問題ありと苦言を呈する方もおられるかもしれないが、手話を身近なものとして、聴覚障がい者と挨拶や簡単な会話くらいできるようになる事は大事な事だと思う。
手話の普及にゲーム的な遊び要素を取り入れていくといいのかもしれない。
聴覚障がい者でなくとも、手話、いいんじゃないかな。
職場で上司の悪口も目の前で堂々と言えるぞ(笑)

冗談はさておき、
この自転車、そのOさんの乗っていたもの。
なぜ、このスタンドに鉄筋を曲げて足しているのかよくわからない。
説明を聞いたのだが、「ちょっと何言ってるかわからない」という感じだった。
Oさんの手話の方がはるかにわかりやすかった。

後で思うに、これは転倒防止のためなのかと思った。
Oさんも、カーブでどうのこうのと言ったような気がする。
でも、本当に「ちょっと何言ってるかわからない」

20191026スタンド

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

塀風景

塀に塗られたモルタルが劣化して剥がれ落ち一つの風景を作り上げた、ように自分には見えた。
だからタイトルを「塀風景」としたが、このような安易なタイトルは誰でも考えつくだろうと思ってネットを探ってみると、案外見当たらない。

確かに声に出してみると、いまいちだ。

でも、しばらくこのシリーズでいこうかな。
考えてみると、このところ塀や壁などばかりを撮影しているような気がする。

久しぶりの写真の投稿がこれだ。
先が思いやられるのだ。

 ブロック塀2191026

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

お久しぶりです

戻ってまいりました。
ずいぶん、ここをほっといたもんだから、おそらく4,5名ほどはいらっしゃるはずの時々見てくださる方に心配をかけていたかもしれません。
でも、安心してください。
Jinは元気でおります。
ちょっと他の事に没頭、集中しておりました。
それも一段落したので、少しずつ写真もアップしていきたいと思います。

それではおやすみなさい。

歩道橋

このところブログの更新ができていない。
他の事で頭が一杯なのだ……

ま、このブログ、更新が滞るのは珍しい事ではない。

ただ、前と違うのは、ずっとブログの事が気になっていた。
気になっているので、今日は少しだけ書いてみた。
ホメてほしいのだ……(笑)

20190919歩道橋

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

久しぶりの更新

最近、どうも以前より忙しくなって……
言い訳にはならないが、ブログの更新が滞りがちになっている。
もともと時間の使い方が下手なのと、ぼんやりしている時間が多い、つまり集中力もない……
そのような事もあって、あれもしたい、これもしなくちゃ、という状況の中で、ブログの更新が後回しになっている、といったところだろうか。

いかんいかん、このような事では。
ということで、気になっていたブログの更新をしてみた。

写真はいつものように何の関連性もない、と思う。

20190819P.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村



本日 届いた荷物

先日の同窓会の際に、某大手電機メーカーに勤務していた同級生と話す事ができた。
若い頃に、彼があるビデオカメラの設計に関わっていたのは聞いていたが、2000年頃からは外国の某カメラメーカーとの協業に携わっていたというのだ。

初耳だった。
無理もない、ここ10数年会う事も連絡する事もないわけだから。
大人気ない自分は、「いいな、いいな〜」と興奮したのだった。
Wetzlarも何度も訪れたというではないか……

彼と話したのが、一次会も終わる頃、二次会は遠くに離れ離れになり近寄る事も困難だった。

その後、何度か話の続きをLINEで行ったりしていたところ、本日、彼から小包が届いた。
会社を辞めるときに、仕事関係で入手したものは後輩に渡したとの事で、「こんなものしか残っていないけど……」と送ってくれたのだ。
カメラと双眼鏡のカタログに写真集など……
嬉しいではないか。

彼は、カタログの上にある赤と黒のバッチについて、国産のデジカメなんかに貼りつけると、ちょっと面白いかもしれないよね(笑)、とわざわざ2個だけ残っていたものを送ってくれた。
で、彼のリクエストに応えて、最近は古いコンデジあたりを物色中の自分なのだ。

20190827leica.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

「待ち合わせ」 〜ワロタモンガチ〜 本田誠人×中尾諭介

昨日は、延岡総合文化センターに行った。
目的はこれだ。

延岡西高PRESENTS「待ち合わせ」

実は、27年前に、まだ高校生だった2人の卒業ライブも見ている。
てっきり、お笑いの方に進むのかと思ったら、本田さんは演劇の方に、中尾さんは音楽の方へと進まれた、というので驚いた記憶がある。

それ以降、彼らの筋金入りのファンというわけではないが、本田さんの電車男をちょっと観たり、地元で行われた「蛍の頃」を観たり、Twitterをフォローしたり、中尾さんのCDを何枚か買ったり、地元で行われたステージを観たり、Twitterでフォローしたり……

27年前の卒業ライブは、センターの小ホールを立ち見が出るほどにした2人。
しかし、今回はセンターの大ホールだった。
300人ほどのキャパからいっきょに1300席だ。
自分に限らず多くの人が、正直、客の入りを心配したのではないだろうか。
しかし、それは杞憂に過ぎなかった。
もちろん、2人の魅力がもたらした結果だが、西高同窓会の力も大きかった。

今夜になって初めて、延岡西高等学校HPを覗いて、いくつもの告知動画がアップされていた事を知る。
おそらくH田くんの手によるものだろう。
公演当日の動画はまだアップされていないが、動画が数本あって、なかなか楽しめる。
H田くんが当日の動画を上げるまで、これで楽しもう。

本当に、1,000円は安すぎる内容のステージだった。
あれ、ステージの内容には全く触れていないな(笑)
これは、後日あがる動画をお楽しみに、ということで……

間違いなく言える事は、二人ともさすが、ということだ。
それもプロに対しては失礼な言い方なのかな、とにかく素晴らしいステージだったのだ。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

拓郎さんのステージをやっと見られる

久しぶりの記事は、WOWOW加入の報告(笑)
何年ぶりかで加入したのは、この方のライブが見たいから。

WOWOW 吉田拓郎 LIVE 2014

WOWOWは加入月は無料で視聴できるから、本来は月初めに加入するのがお得なのだろうけど……(笑)

今週末の放送も来週の放送も、公演のチケットは取れなかったのでやっと見られるというわけだ。

ついでに、最近調子の悪かったテレビのリモコンも交換しようと知人に尋ねたら、電池を交換しなかったか、と聞かれた。
電池交換の後に設定が狂うらしく、その設定方も教えてもらった。

自宅のリモコンは、ボリューム調整とチャンネル移動ができなくなっていたのだ(笑)
リモコンは買い直さなくてすんだ。

せっかくWOWOWに加入したので、拓郎さんの番組以外にもたくさん見ようかなと思うが、自分もそんなに暇でもないので(笑)、なかなか時間はないのだ。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

Appendix

プロフィール

fushianajin

Author:fushianajin
be級写真倶楽部です。
よろしくお願い致します。
(2015-09-26 以前の記事は全て旧ブログ時のものです)

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる