Latest Entries

「禁じられたアソbe」を振り返る 6

最後は自分のコーナーだ。

IMG_5038.jpg

IMG_5040.jpg

反省だ。


「禁じられたアソbe」を振り返る 5

続いて、こイずミすスむ の作品

IMG_5055.jpg

言葉はいらないのだ。
言葉は邪魔なのだ。もう感じていただくしかない。
お金はかかっていない。お金をかけずに、ここまで遊べるすスむは、やはり異才なのだ。

IMG_5057.jpg

「禁じられたアソbe」を振り返る 4

tomo.P の作品

最近は、少し時間に余裕がでたからか、作品展にbe旅にと参加してくれている。

撮りためた❔モノクロームで参加してくれた。

IMG_5044.jpg

ランナーの写真は、延岡西日本マラソンのスタートだろうか。
背景の建物は、延岡市役所だ。

IMG_5045.jpg

「禁じられたアソbe」を振り返る 3

yamatosh の作品

みないモノがみえてくる時
赤外線写真はみえない対象をみせるようにするという機能があります。
肉眼ではみえない波長の光をひろいあげ、我々の眼の前に像として表出されます。文化財の調査などではこの赤外線写真が使われることがあります。。
(by yamatosh 禁じられたアソbe パンフより一部引用)

IMG_5048.jpg

で、みえてきたのがこの署名のはずなのだが、いったい誰のやったっけ❔という状態である。
あらためて記憶力の悪さを露呈してしまうのだ。

IMG_5050.jpg

「禁じられたアソbe」を振り返る 2

クロギカナコ の作品

彼女の作品は、息子くんの成長記録そのものだ。
beクラの作品展に、いつ頃から参戦したのか記憶が定かではないが、成長記録だから今後も参戦して続けてほしい。
初めの頃は、お母さんのカナコさんから離れようとしなかった息子くんがずいぶん成長したのが我々にも伝わる。

IMG_5052.jpg

その息子くんが壁に落書き❔したのがこれだ。
カナコさんの実家には落書きOKの柱が1本あったそうだ。これはなかなか良いアイデアだ。
何でもダメでなく、ここだけは良いよ、っていうのが1箇所あれば面白いだろう。

作品展会場もここだけは落書きOK
安心してほしい、ちゃんとお母さんが持参した布の上に書かれた落書きなのだ。

IMG_5051.jpg

「禁じられたアソbe」を振り返る 1

第11回作品展は5月の事だったからもう2ヶ月余り経ってしまった。
いまさらではあるが、作品を紹介していきたい。

IMG_5066.jpg

まずは、T.Kwasaki の作品から

Kawasakiが、昨年訪れたバリ島
IMG_5053.jpg

お客さんにもバリの空気感が伝わったことだろう。
IMG_5054.jpg

お久しぶりです

またまた、ずいぶんお久しぶりになってしまった。

ブログをほっておいた間に、自分にもいろいろ起こってしまい(不幸な事ではないが)、ますますこのブログを放っておいたままになっていた。

そうしたら、先日ばったり出会った知人に「ブログも更新してください」と言われたのだ。
これは嬉しかった。
このブログをたまに見てくれている人が地球上に数人ぐらいはいるのかな、と思っていたりしたが、その貴重な人物に会えたのだ。

しかし、久しぶりで勘が戻らないし、錦織選手も負けて元気がないので、本日はこの辺りで。。


IMG_1811.jpg

be級写真倶楽部第11回作品展「禁じられたアソbe」のお知らせ

11回ポスター (1)

be級写真倶楽部 第11回作品展
会場 カルチャープラザのべおか アートギャラリー フリースペース
会期 2017年5月11日(木)〜14日(日)
時間 10:00-19:00 (最終日は16時まで)

 お待ちしております。

お久しぶりです

ずっと気になっていたこのブログの事。
最後の更新から4ヶ月以上も経ってしまっていた。。

僕は、大変元気なのですが、いろいろ新しい事を始めたりしていて、チョットこちらが放置状態になっておりました。

本人は元気ですのでご安心ください(笑)

また、少しずつ更新していきたいと思います。

スピードおとせ

この道は緩やかな坂道だ。
道幅は6mないと思うが、このような住宅地の狭い坂道でも減速しないドライバーがいるのだろう。
ひょっとすると、ここで事故でもあったのかもしれない。

ペイントによる注意書きは道路の片方にあるが、自分は、このような歩道のない狭い道路は、対向車のいない限りど真ん中をかなりゆっくり走ることにしている。
どう考えても、左側からの飛び出しが怖いのだ。
若干、右側からの飛び出しに対するリスクは高まるが、左側からの飛び出しを考えると、やはり真ん中を走りたい気がする。
ところが、見ていると、多くのドライバーは、このようなケースでも判で押したようにキープレフトだったりする。
ま、それぞれに考え方があるのだろうか。

ペイントの位置は真ん中でも良かったかもしれない。
道路の左端の白線などもそうだが、ミニバイクなどは、あのラインの上を走りがちだ。
あれは、本当は危ないのだ。
白線の上でブレーキなどかけると滑ることがあると聞いた。
真面目な人が多いから、なにか線を引かれるとそれに従う傾向がある。
だから、ここも真ん中だと良かったのかもしれないと思った。
ただ、そうすると、一方通行と勘違いするドライバーがいたりするのかな。
なかなか難しい問題だ。

お互い、安全運転を心がけたいものだ。

IMG_4602 (1)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

チョン月(﹅月)の鍋焼きうどんで汗をかく

春にご主人が怪我をされてから休業していたチョン月さんだが、ずっと気になっていて、時折前を通ると暖簾を確認していたのだ。
何度か前を通っていたが、「営業中」とはなっておらず、もともと9月ごろまで休みますとの事だったので秋まで我慢と思っていた。

先日、創作屋さんに寄ったときに、店のことを聞いたら、再開されましたよと言われたので、喜んで食べに行った。
食べに行くというより、最近は、ご夫婦に会いに行っているような感じだ。

久しぶりの「鍋焼きうどん」は、相変わらず美味かった。
いつものことだが肝心の写真を撮っていないので、見せられないのが残念だ。
過去の記事になるが、ここを見ていただくとしよう。

チョン月の鍋焼きうどん

この日は、少し寒かったので薄手のセータを着て徒歩で出かけたが、うどんを食べ終わる頃には汗ばんできた。

IMG_4593.jpg

IMG_4592.jpg

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

ALFEE で COFFEE

11日の金曜日、ちょっと欲しいものがあって、久しぶりにALFEEさんに寄ってみた。
残念ながら、その日は自分の欲しいものは置いてなかったが、珈琲を飲んで行きませんか、とA君に声をかけられた。

案内された方を見ると、レディスの一部がカフェに変身していた。
13日(日曜)までの期間限定らしいのだが、市内の専門店から出張してきているらしい女性が淹れてくれた本格的な珈琲でとても美味かった。自宅から徒歩で来店していてちょっと休みたかったのでちょうどよかった。
珈琲とお菓子を注文して、しばしA君と話しができたのも良かった。

IMG_4573.jpg

IMG_4574.jpg

IMG_4571.jpg

IMG_4572.jpg

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

be旅で人吉、水俣、八代に行ってきました 8 おしまい

今年もFカーダをはじめ楽しい仲間とともに楽しいbe旅を終えることができた。
感謝だ。

次回、12回目のbe旅についてはまだ未定。
おそらく電車の旅になりそうだ。
中津か別府あたりにでも行って、それぞれまち歩きなどしてもいいかと思う。

be旅は団体旅行ではあるが、半分一人旅のようなものなので、自分のようなわがまま者には非常に都合がいい。
基本、朝夕の食事は共にするが、あとはどうぞご自由になのだ。

P1011415.jpg

P1011408.jpg

IMG_4547.jpg

帰りに渡った橋。
以前は、よく通っていた場所だが、橋の名をまたしても失念。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

be旅で人吉、水俣、八代に行ってきました 7 喫茶「ガロ」の思い出

日奈久温泉をカメラ散歩しているときに、2度ほど同じカップルを見かけた。
男性の方は30代半ばくらいだろうか、なかなかのイケメンではあったが、ちょっと声をかけづらい雰囲気だったので目を合わせることもなかったのだが、オートハーフと羊羹を交換して、店を出て路地の角を曲がると直ぐにそのカップルと3度目の遭遇をした。

正確に言うと、角を曲がった直ぐにある喫茶店からちょうど2人が出てきたところだった。
歩き疲れて珈琲でも飲んで一休みしたいと思っていたところだったので、その古い喫茶店から出たきた2人に美味しかったですか、と思わず声をかけたのだ。
すると、彼の方が明るい笑顔で、美味かったですよ、写真もたくさん撮れます、というような事を言った。
人を見かけで判断してはいけないのだ。彼は、なかなかの好青年だった。
ありがとう、と言って自分は店に入ることになったのだ。

店内は、「昭和」そのものだった。
オーナーの女性も穏やかな表情で、まるで地元の店にでもいるような落ちついた雰囲気だった。
昭和51年にオープンしたというから、40年ほど店を続けてこられたわけだ。

オープンの頃は、多くの喫茶店にゲーム機が置かれていて、どこも賑わった。
この店も、ゲーム目当ての客が店の前に並んでいたらしい。

古いレジスターが現役で働いていて、この器械がこれまでにどれだけの金を飲み込んだのだろうかと想像してしまう情けない自分だった。確かに、女性も当時は稼がせていただいたような事を言われた。全く残っていません、全部使ってしまいました、と大笑いされた。

P1011424.jpg

IMG_4544_20161108114523665.jpg

IMG_4545_201611050014432f9.jpg

オーナーの女性といろんな話しをしたが、旅の途中なのでこれ以上の長居はできないと店を出てまた歩き出した。
ふと、肝心の店の外観を撮っていない事を思い出し引き返した。
自分の欠点はこれだ。後で後悔することが多い。
今回も、珈琲の写真やレジスターの写真を撮り忘れている。

店を出て数分後に引き返すと、店が閉まっていた(笑)
また、忘れられない思い出となった。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

be旅で人吉、水俣、八代に行ってきました 6 RICOHオートハーフと羊羹を交換

金波楼をあとにして、また歩き出した。
小さな眼鏡店のウインドウが目に止まった。
RICOHオートハーフがミニ三脚の上に乗っていた。

眼鏡店だから、オートハーフは売り物ではないとわかっていたが、人吉、水俣、八代と中古カメラ店を見かけなかったストレスもたまっていたのか、店のご主人に声をかけてしまった。
「これ、売り物じゃないんですよね」
「はい」
「ですよね。でも、これ懐かしいなー」
「持って行っていいですよ」
「いや、そんなわけにはいきませんよ」
「いや、要らないからどうぞ。なんならこれもどうですか」
と奥からペンタックスの一眼レフを持ってこられた。

その間に、オートハーフに触らせてもらったが、残念ながらカメラは壊れていた。
ご主人が、どうしてもあげるとおっしゃるので、メガネでも作ろうかと思ったが、さすがにそれは無理で、困ったなと思っていると、ふと、さきほど金波楼で買った羊羹を思い出した。
「じゃ、これと交換しましょう」
カメラは壊れていたが、これも何かの縁だ。

ご主人は、この交換条件を気に入ってくれて、めでたく羊羹とカメラとの交換が成立した。
自分は、日奈久温泉で故障したRICOHオートハーフを270円で手にすることになったのだった。

ペンタックスの一眼レフは丁重にお断りしたが、また、いい思い出ができたのだ。

IMG_4542_2016110701325435d.jpg

左がRICOHオートハーフ。
右はミノルタのTC-1だ。
喫茶ガロにて。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

be旅で人吉、水俣、八代に行ってきました 5 金波楼に再会

水俣を離れ八代市日奈久温泉を目指した。
ここは、20代の早い時期に訪れていて、既に40年近い昔の記憶を辿ると、自分はここで古い旅館に泊まった事がある。
旅館の名も記憶に全く残っていないが、今回の旅で再会できるかもしれないと楽しみにしながら歩き回った。

P1011417_20161105000448cef.jpg

P1011410.jpg

P1011416.jpg

P1011419_201611050004471b6.jpg

旅館の名も覚えていなかったが、この旅館の前を通りがかった瞬間に、あ、ここだったと感じた。
忘れていた旅館の名前も思い出した。
明治43年創業、国・登録有形文化財でもある「金波楼」だ。
旅館の方に、懐かしいと伝え許可を得て、少し中を見学させてもらった。
お礼に、館内で販売していた小さな羊羹を購入した。

IMG_4537.jpg

IMG_4538.jpg

IMG_4540_201611050014421ed.jpg

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

be旅で人吉、水俣、八代に行ってきました 4

水俣といえば、社会の教科書にも出てきた水俣病が思い出される。
若かりし頃の松崎先生も熊大医学部に在籍しながら水俣病の調査をされたと聞いたことがある。

気ままに足の向くまま歩いていると偶然に会社の前を通りがかった。

IMG_4531_20161102001508be0.jpg

P1011376_20161102001459344.jpg

工場横の川には魚が泳いでいた。


P1011404.jpg

再び、集合時間まで歩いた。
事前にほとんど予習をせずに、見当だけで歩き出すのはいつものスタイルだ。

フカーダが立派な「旅のしおり」を作ってくれるので、軽く目は通すが、歩くときにそれを持ち歩くこともない。
観光スポットなどにはあまり興味がなくて、ガイドブックに載っていないような場所や店で、人や被写体とのいい出会いがあれば、それが一番嬉しい。
いい出会いのある旅もあれば、全く何もない旅もある。
それでいいのだ。

P1011388_20161103225937290.jpg

P1011385_20161103225934007.jpg

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

be旅で人吉、水俣、八代に行ってきました 3 初恋通りから水俣駅へ

2日目は水俣市だ。
水俣市を訪れるのは初めてだ。

IMG_4527.jpg

水俣市は、村下孝蔵さんの出身地だそうだ。
市の中心街の商業施設の脇に歌碑が建っている。
いまでも、ときおりカラオケでこの曲を唄う人がいる。
少し「初恋通り」を歩いてみた。


IMG_4528_20161102001104af9.jpg


P1011366.jpg

水俣駅の前に来た。
駅舎は小さいが新しく綺麗だった。


P1011367.jpg

駅の直ぐ前に、交通量はさほどないのだが広い道路が走っている。
地元の駅前のような感覚で歩いていると、いつのまにか道路の真ん中を歩いていて車にはねられそうだった。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

be旅で人吉、水俣、八代に行ってきました 2 夕陽は逃げ足が速いんだby吉田拓郎

be旅、前日の続き。

IMG_4502.jpg

IMG_4512.jpg

IMG_4550.jpg

オマケとして、
今回の旅のしおりの表紙だ。
be旅の心得は、ほとんど冗談であって本気にしてはいけない。
当然だが、今回もだれも自分を先生と呼ばない(笑)
それにしても、be旅も11回とは、感慨深い。


IMG_4518.jpg

夕方、海岸線を走るフカーダの車だった。
ちょうど、夕陽が沈む時刻で、みんなで落陽の様子を見つめた。
福岡から写真愛好家が来ていた。
声をかけてみると、なかなか人当たりのいい紳士だった。
向こうも、きっと自分のことをそう思ったに違いない(笑)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

be旅で人吉、水俣、八代に行ってきました 1 霧島と陰陽石に育てられましたbyフカーダ

be旅の企画は、フカーダ旅行(株)にお願いしている。
今回は、人吉、水俣、八代のまち歩きだった。

IMG_4491.jpg

途中、トイレ休憩した「のじりこぴあ」
ここ、自分は初めてだった。
いつか、ゆっくり来てみたい(笑)

それにしても、be旅は晴天に恵まれる・・・。


IMG_4494.jpg

フカーダゆかりの地シリーズ。
「陰陽石」
霧島と陰陽石が全てだった少年時代。


IMG_4501.jpg

昼に人吉で食した鰻。
美味かったが、個人的には「入船 西都鰻」がより美味いと思う。


IMG_4500.jpg

神社の名を失念。。





Appendix

プロフィール

fushianajin

Author:fushianajin
be級写真倶楽部です。
よろしくお願い致します。
(2015-09-26 以前の記事は全て旧ブログ時のものです)

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる