FC2ブログ

Latest Entries

DIAL35 を発見

あるところで、ワンコインで入手したカメラ。
サッとチェックしたところ、いけそうな気がしたので購入。
ワンコインだし(笑)

持ち帰り、さらにチェックしていくと、どうやら大丈夫なようだ。
なんで、ワンコインなのかな……
設定したシャッター速度に応じて絞りも変化しているようだし……、フィルムを入れて撮影してみないとまだわからないな。
それでも、初めてのカメラなので、ここまででも十分に楽しめた。
ワンコインだし(笑)

レンズに何かキャップをしないと、バッテリーが消耗しそうなので、いろいろ漁っていると、
このキャップが、少しコツはいるが、意外にも使えた。
CanonにOLYMPUS
自分は、こんなところは一向に気にしない。
むしろ、面白い。

200705きゃ

200708だい

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

今度はオリンパス

今度はオリンパスだ。
映像事業の譲渡〜

オリンパスといえば、自分が初めて買った一眼レフのメーカーだ。
そのカメラ、OM2S&Pは未だに現役だ(笑)
OM1もまだ残っている。
これは壊れない。
デジタルのPENも重宝している。

あの頃は、新しいカメラが出るたびにカタログを収集し、毎日のように眺めて、欲しいなと思ったものだ。
いま、デジタルの新しいカメラが出てもほとんど興味がない。
使用中のデジタルカメラが壊れた時に、新しいのを買う必要があると思えば、その時に情報あつめればいいかな、くらいのものだ。

カメラは、いまあまり売れないらしい。
確かに、地元のカメラ店に行っても、ショーケースの中のカメラを眺めてる人など滅多に見ない。

※写真のXAもいまだに現役だ
200624お

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

最後のアサヒカメラ

1926年創刊の雑誌「アサヒカメラ」が7月号で休刊。
長年お世話になっていたし、寂しいやらで予約購入してきた。

20年以上は定期購読していて、雑誌は自宅に保存していたが、そのほとんどを、2、3年前の断捨離で処分した。
ほんの一部だけ残して。
その後も、プロの写真とアマチュアの月例は楽しみで……、申し訳ないが立ち読みでザーッと目を通す事が多かった……

7月号は、ちょっと期待していたので拍子抜けした。
「構図は名作に学べ」
「写真家に学ぶ自撮り」
冒頭の10ページちょっとがセルフポートレートレッスン……

なんか、突然の引退という感じだ。
7月号で休刊というのもその証のひとつだろう。

数回に分けて、これまでのすべての表紙見せてほしかったな〜。
でも、94年分とかさすがに無理か(笑)

PHOTO CLUB訪問では、わがbe級写真倶楽部も2010年8月に取材を受けた。
これもいい思い出だ。
アサヒカメラの写真倶楽部訪問
編集後記にその際にお会いした宮野純子さんの文章を見つけ懐かしく思った。

椎名 誠さんの写真日記は31年続いたらしい。
7月号の最後の写真データは、T2にプロビア400Fだった。

久しぶりにT2を持って歩いてみたくなった。

200623あ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

南京錠

以前に蚤の市で買い損ねたアメリカ製南京錠をとあるウェブサイトで見つけた。
全く同じものではないのだが、ここ数日毎日のように眺めている。
蚤の市では手にとって眺め回す事ができたから、その魅力的なことは十分にわかるのだけれど、購入にまでは至っていない。

蚤の市で欲しいと思ったのに購入しなかったのは、店主が値切り交渉に全く応じなかったからだ。
自分は、スーパーやドラッグストアやコンビニでは値切らないが(笑)、
蚤の市は値切ったりして楽しむのが普通でしょう〜。

だって、あんなもの値段はあってないようなものみたいな……(失礼)

それも大きな楽しみの1つと思うのだけどな……
ま、それでいっぺんに買う気がなくなって……、
でも、それからずっと時々思い出したりしていて(笑)
買ってどうするの、という声も聞こえてきそうだが、デザインがいいのよね……

ウェブサイトを見ていると、自分の知らなかった南京錠がたくさんあって、悩んでしまって逆に買えない(笑)

帰宅したらメダカが一匹絶命していた。

200616め

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

明日は少し晴れ間が見られそうだ

雨の日には雨の日なりの写真を撮ればいいんだけど、雨の中をカメラを持って歩く根性がない。
ダメだな、自分は。
だから車で移動。
そして、信号などで止まった際に助手席に転がしているカメラでパチリ。

天気予報によれば、明日は少し晴れ間が見られそうだ。

200613あ

200613い

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村


カラスの攻撃

関東の身内から聞いた話だが、会社の部下が出勤時にカラスの攻撃を受けたらしい。
メガネを強奪され、頭に攻撃、いや口撃(笑)
なんと、クチバシで頭を突かれ出血をしたらしい。

自分も、以前、頭の上を飛ぶカラスを見て、こいつらが本気で向かってきたら敵わないかもな、と思った事があった。
我々の1番の弱点は「目」だろうか。
そこをカラスがあの太いクチバシで突いてきたらお手上げだ。
しかも、高いところから音も立てずにいきなりだ。

自分は、自転車で走る際には電線の上に止まっているカラスを確認している。
それは、カラスの糞攻撃を避けるためだが、ひょっとして、近い将来はカラスからの攻撃を防御する事を考えなくてはいけなくなるかもしれない。
頭のいいやつらが、人間は目を突いたらすぐに戦意喪失だぜ、とか気付いてしまうと、とても怖いのだ。

ネットで色々調べてみると、カラスの攻撃はたまに見られるらしい。
先述の会社員も目を突かれなくてほんと良かった。

※さて、カラスはどこに隠れているでしょう?(笑)
 失礼、いつもの本文とは全く関係のない、季節感もない写真です……

200611か

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

これも買ってた

一昨日のよしみカメラさんで買った物に続いて、買ってたシリーズだ。

左のTASCAMは数年前に購入したものだけど、これはけっこう使っている。
仕事で使ったり、旅行で電車に乗るときも持参(笑)

しかし、最近のプチ断捨離で、またしても発見されたのだった……
右の小さなレコーダー……。
これはTASCAMより前に購入していたはずだが、その存在すら忘れていた。
他にOLYMPUSのもっと古いものも持っているけど、こちらはさすがに全てに古くて使う気がしない。

で、一番使っているのがiPhoneの「ボイスメモ」かもしれない(笑)

200610め

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

よしみカメラさんで購入していたもの

悪い癖で、買ったことすら忘れていたのがコレ。
宮崎市のプリントでもお世話になっているよしみカメラさんで購入
Camalapse 4 iPhone & スマートフォンホルダーセット

店でこれは面白いと購入。
そういや、一度使ったのを思い出した。
で、今度は何を撮ろうと思いつつ、そのまま数年が経過してしまった。
反省。

200608み

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

やっぱり 「アサヒカメラ」 休刊かぁ…

Twitterで何日か前に流れていたが本当だった。
残念、そして、寂しい。
『アサヒカメラ』休刊のお知らせ

10代の終わり頃に、書店でその存在を知って、当時はまだ立ち読みでパラパラとページをめくるくらいで、20代の初めに自分のカメラを購入して、30歳くらいで地元の写真クラブに誘ってもらって、松崎武壽先生に勉強させてもらった。
その間に、いつの頃からだったか忘れたが、アサヒカメラは定期購読を始めた。
数年前に、そのほとんどを断捨離だとして、ブックオフに他の書物と一緒に持ち込んだ。

その後も、たまに購入していたが、ここ1、2年は立ち読みばかりで買ってなかったな……
以前は、記事やプロの写真、アマチュアの月例はもちろんだが、中古カメラの広告を眺めるのも楽しみだった。
しかし、いま、雑誌よりもネットで中古カメラ店のホームページを見る方が楽しい。

それにしても、地方にいるとプロの作品などを目にする機会がほんと少ないので、アサヒカメラは楽しみだった。
アマチュアの写真にしても、地方の公募展などはほとんど昔と変わらない写真の繰り返しなので、正直刺激は少ない。
その点、雑誌の月例はワクワクしながら見ていたのだけど、最近は以前ほどそう思わないのは、自分が歳を重ねてきたせいなのだろうか……

7月号はぜひ買い求めておこう。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

今年も真夜中の訪問者が

このヤモリ様、何年か前にも記事にしていた。
真夜中の訪問者
今年も同じような場所に現れた。
同じヤモリ様かどうかは知らないが、似たような大きさだ。

前にも書いたが、このヤモリ様、子どもの頃はほとんど見かけなかったような気がする。
見かけによらず、都会派のようだ。

腹部の2つの丸い部分は卵らしい。

このヤモリ様、グロテスクな外観から、苦手な人も多いだろう。
自分は、外にいてもらう分には全く気にならないが、部屋の中に入ってこられるのは勘弁願いたい。

200531やもり

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

アシダカグモは怖い

自分は蜘蛛が嫌いだ。
いや、正確に言うとアシダカグモが嫌いだ。
その他の普通に国内にいるような蜘蛛なら平気なのだ。
手で触れることもできる。

アシダカグモは、毎年初夏に顔を見せ、秋頃には大きくなったこの蜘蛛が家の中に現れて失神しそうになる(笑)
この蜘蛛の不気味なところは、色、形はもちろん、動きの早さと足の多さ(笑)

この蜘蛛が一度、障子にいるのを見つけ捕獲しようとした時だ、ヤツが逃げる際に障子紙を太鼓のように「ドドドドドド……」と震わせた音に一瞬失神しそうになったことを覚えている(笑)

で、2、3年前に考えた。
まず相手を知ろうと。
調べてみると、この蜘蛛はゴキブリが大好物だというではないか。
だから、人によっては益虫だとして家の守り神のように崇めて、殺虫などもってのほかと言う人もいる。
とんでもないことだ。
あのような虫と一緒に暮らすなんて、ありえない。

で、自分は3年前から徹底して、ゴキブリの餌になるようなものを家の中から排除した。
ゴキブリさえいなくなれば、それを主食とするアシダカグモも来なくなるに違いないのだ。
ゴキブリが夜に現れても、家の中にはあなたの好きなものは何もありませんよ、という状態を作ったのだった。
一番は生ゴミだ。
これを、きちんと密閉された容器に入れ屋外の倉庫にこれまたきちんとゴミ出しの日まで保管する。
シンクは、生ゴミの汁などが残らないよう、きちんと洗い拭きあげた。
コンロ周りも要注意だ。
ここに食品のクズや油などが残っていては元も子もない。
ここも毎晩掃除をした。

すると、年に2、3度は部屋の片隅にチラッと現れるゴキブリを見ることがなくなった。
現在は、ゴキブリを捕獲するための組み立て式の商品や置き薬のような商品とは縁がなくなった。
そして、あの蜘蛛、昨年は一度も家の中に現れることはなかった。
今年もいまのところ現れていない。

ただ、あの太鼓のような音や、一度捕獲しようとしてヤツと格闘した際に自分の方に向かってきた時の「恐怖」がトラウマとなり、いまでも、夏になるとトイレのドアを開けるときなど、ヤツがいるかも、と緊張するのだ。
情けない。

蜘蛛といえばもう一つ……
以前、職場の同僚とある店のチャーハンの出前を頼んだ時のことだ。
口の悪い同僚の中には、ただの「塩コショウ飯」だなどと言う者もいたが、自分はこの店のチャーハンは好きだった。

その日も、美味い、美味いと半分くらい食べ進んだときだった。
皿の片隅に黒い五百円玉くらいの大きさの丸く縮こまった異物を発見した。
なんだろう……、とスブーンでつついてみると、「ギャーッ!!」
蜘蛛だったのだ。
きっと、アシダカグモ。
どのタイミングで、チャーハンの中に飛び込んだのかは知らないが、即死状態だったのだろう。
もちろん、自分はそこからチャーハンを食べられなくなったどころか、吐き気さえ覚えたのだった。
問題は、美味そうに、隣でパクパクと口を動かしている同僚だ。

この場合、正解はあるのだろうか。
蜘蛛は一匹だったはずで、入っていたのは自分の方だ。
しかし、2食分の量を同時に調理したはずだし……
しばし迷ったが、自分は、「事件」の事も知らずに幸せそうにチャーハンを食し続けるこの同僚に何も告げなかった。
毒蜘蛛でもないようだし。
彼は、もちろん体調不良を訴えることもなく、午後も元気に仕事をしていた。

それにしても、蜘蛛嫌いの自分の皿に蜘蛛が入るという、嘘のような本当の話なのだ。
もちろん、その店へは2度と行くこともなく、出前を取ることもなかった。
無理。

店は何年か前に廃業しているが、今でもその前を通ると、この出来事を思い出すのだ。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村


車の交通量が増えた

25日だったか、緊急事態宣言が全国的に解除されて以降、車の交通量が増えたと感じる。
今日は特に多い気がした。
みんな、これまでは休日の外出を自粛していたんだろう。

宮崎県では、6月1日以降、原則として各県との往来自粛を解除するとしているが、北九州市などの最近の状況を見ていると、隣の大分県への移動すら慎重になるというものだ。

別府で湯にゆっくり浸かりたい。
駅前で、ドーナツを食べたい〜(笑)
駅西側の甘味処にも行きたい〜(笑)

別府の甘味処の写真を探したが見つからないので、最近地元で食べたワッフルの写真だ(笑)

200530わ

何か得られるものがあるかも

令和2年の5月もあと2日間。
ほんとに早いものだ。
自分も60を過ぎて、はや⚪️年……

このまま、あっという間に年を重ねてお爺ちゃんになってしまうのかと思うとゾッとするのだ。

いまなら、まだ間に合うぞ、と自分を奮い立たせているが、今年は、新型コロナウィルスに出鼻をくじかれた。
いや、ウィルスのせいにしてはいけない。
思う通りに進むだけが人生じゃないぞ。

幸い、全く気持ちが落ち込むこともなく、楽しく暮らせているので何よりだ。
感謝だ。

きのう、下戸の自分がおじさんに飲みに誘われた。
自分の年代くらいになると、同年代と付き合っても何の魅力もないし、得ることも少ないと個人的には思うのだが(年金や孫の話をしても退屈だし……)、きのうのおじさんは、仕事の関係で最近知り合った人なので何か得られるものがあるかもという下心もあって、ぜひご一緒しましょう\(^o^)/  (←最近あまり見かけない気がする)
などと笑顔を振りまいてしまったのだった。

2019103015.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

自分がよほど神経質なのかな

先週、LINEでプレゼントをもらったので、2店を巡ってテイクアウトしてきた。
まずはドーナツ。
このドーナツは好きだ。
ただ、地元の某店舗は、商品がガラスケースに入っておらず(つまり客が取るタイプ)、神経質な自分はチョットな……と
思っていた。
別府駅にある同店などは、ちゃんとケースにしまわれており、店員さんに指差して出してもらう方式だ(笑)
これだとなんとなく安心なのだ。
ここはお気に入りなのだ。

地元の店には、もちろん消毒液も備え付けられていた。
この位置がまた微妙というか、嫌だな〜という場所だった。
「嘘だろ……」というような位置で、
手のひらにプッシュすると、これ、近くのドーナツに消毒液のミストが降りかからないのだろうか……そんな位置にあるのだ。
自分は、この消毒液から最も離れた場所から、ドーナツを8個ほど選んで帰った。
このことに限らず、たまに首をかしげたくなるようなお店を見かけると、自分がよほど神経質なのかなと反省したり、いや、店がひどいだろう、と思い直したりすることがよくある。
この件は、どちらだろうか。

もうひとつの珈琲店では、自分が普段なら絶対に購入しないような商品を選んだ。
甘いとは聞いていたが、甘党の自分にも甘過ぎた。
申し訳ないが半分も飲めなかった。
これは、じぶんのセレクトミスだ。

店の女性達は(男性も)、いつも笑顔で応対してくれる。
つられて、こちらも「いただきます」と飲み物を受け取るのだった。

ご馳走様でした。

200527ど

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

鼻がマスクから出ている人がいるのが残念だ

自分は、寝ている時に口呼吸になるようで、1年のほとんど寝る時にマスクをしている。
だから、普段からマスクのストックはけっこうあって、申し訳ないが今回の新型コロナウィルスの件でも全く困ってはいなかった。
最近はようやくマスクが流通しはじめたと聞いて、実は少しホッとしている。
2枚のマスクはまだ届かないが、そんなわけで自分は全く期待はしていない。
最近は、自分の周りでも全く話題に上らなくなってきた。
ただ、届いたら無駄にしないようにはしたいと考えている。

最近はほとんどの人がマスクをしていて、マスクをしていない人の方が珍しい。
よいことだ。
先日、髪を切りに行ったが、客の中にはカットの最中はもちろん、カラーをしている時にもマスクを外さない人がいるらしい。
マスクは汚れてもいいから気にしないでやってくれと言うらしい。
自分は、マスクを外してやってもらったが、それでよかったのかと、後から気になった。
マスクを外さなかった人は、なにか疾患をかかえていたのかもしれない。

このマスクだが、口と鼻をしっかり覆わないと意味がないのは勿論だろう。
たまに、鼻がマスクから出ている人がいるのが残念だ。
しかも、それが女性だと美人度がかなり下がるので気をつけた方がいいと思う。
(あくまで個人の感想です)
鼻を出す人がいるなら、口だけ出す人もいそうだが、いまだ見たことはない。
一般的には、いい大人は鼻呼吸だろうから、どちらか出すなら口の方がいいに決まってる(笑)
喋らなければだが……
もちろん冗談だ。

食事をする時に、マスクを顎の方にずらして食事をする人をたまに見るが、これも女性がしているのを見ると、かなり美人度が落ちるので気をつけてほしい。
もちろん、男性でも、あまり上品なものじゃない。

ここは、やはり食事の時にはポケットかバッグにしまおう。

先日、大阪府知事が記者会見を始める直前にマスクを外し、それを秘書か誰か知らないが、手渡しした映像が流れた。
これも、ちょっと気になった。

相変わらず、小さいことを気にする自分なのだ。

200524あか

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村




昼も夜も麺

どうでもいいけど……

今日のお昼にパスタを湯がいて食し、夜に珉珉の焼きそばを食したことは記録しておこうか。

200522.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

珈琲は不思議な飲み物

豆問屋さんに寄った。
新型コロナウィルス感染防止ということで、最近は営業時間を短縮している。
午後2時には店を閉めるのだ。

小さな店は正面の左右の引き戸を全開とし、奥の出入り口も開けっ放しだ。
換気は十分だ。
カウンタには、コンビニなどと同じようにビニールカーテンが設置されている。
このカーテン、顔は見えるが、声が聞き取りにくいときがある。
感染防止のためだ、それも仕方ない。

店は近いので、自分は、いつも豆は少量ずつしか買わない。
豆問屋さんから教わったことは、ドリップする際に、沸騰した湯を少し冷ますということだ。
何度でというわけじゃないが、自分なりに、このあたりかなというところを見つけた。
珈琲は不思議な飲み物で、同じ豆でも日々味わいが変化するように感じる。

P2242500.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

もう少し自粛しておくか

新型コロナウィルスの感染防止のための自粛が続いた。
自分が関わっている組織では、つい、最近まで宮崎市に行くことすら禁止されていた。
最後に宮崎市に行ったのが、たしか今年の2月8日、宮崎県美術展の作品搬入の日だ。

3月4日に宮崎市で新型コロナウィルスの感染者が初めて出て、3月8日の十文字美信先生の講演も中止となった。
その後、これまでに宮崎市内で8名、県内全体で17名の方が感染した。
すでに40日近く県内では新たな感染者は出ていないというのに、5月16日12時現在で、まだ3名の方が入院中という本当に恐ろしいウィルスだ。

宮崎市は解禁されたが、県外へはまだ行かないようにとのことだ。
ま、自分も、まだ県外へは行くのは控えたいと思う。

大分の温泉とか、福岡のあの店とか、大好きな京都とか関東方面とか、行きたいところはたくさんあるけど、まだまだ先のことだ。
写真倶楽部の撮影旅行も、今年は開催が微妙だな……

たまたまだけど、宮崎市行きが解禁されたタイミングに合わせるかのように、車のエンジンオイル交換の案内が来た。
宮崎市に行きたいのはやまやまだが、もっとお店などに気軽に立ち寄ることができるようになるまで、個人的にはもうしばらく宮崎行きを自粛しようかとも思っている。

200511は

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村







「おだいっさん」で「カルミン」を思い出す

本来であれば、今度の週末に行われるはずだった今山大師祭。
いや、違った。
本来なら4/17(金)~4/19(日)に行われるはずだった祭が、新型コロナウィルスのせいで、5月に延期され、さらに感染拡大防止のために中止となったのだった。
【中止】今山大師祭
子どもの頃から親しんできた祭で、これまでに中止となった記憶はない。
残念だが、全国的に緊急事態宣言が出されている中で、行えるはずもない。

悲しいので、最近もらったおだいっさんの飴をアップしておこう。
しかし、自分はこれを見て、なぜか(サイズのせいだろうか)子どもの頃に買っていた「カルミン」を思い出したのだった。
懐かしい(笑)

200513お

200513だ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

コロナ自粛でレンズを買う

このところ、コロナ自粛で毎日のようにヘリコプターで遊んでいるので、ずいぶん上手になった。
体育館のような広い所で遊んでみたいものだが、電波の届く距離がおよそ5mほどらしい(笑)

それなら、やはり自宅内で飛ばすのがよいかもしれない。
または、風のない日に庭で遊ぶくらいならいいだろう。
しかし、いい大人がこんなおもちゃのような(オモチャだが)ヘリコプターに夢中になって遊ぶのも恥ずかしい。

それと不満というか、残念なのは、飛んでいるところをビデオにおさめたいのだが、いかんせんヘリコプターを操作しながらビデオ撮影するのは無理っぽい。

話は変わるが、昨日、自分が写真を始めたのはネイチャーからだったと書いたのだけど、
で、むかしを懐かしく思い出したりしていたら、いつのまにか、ネットで中古のマクロレンズを買ってしまっていた。
反省だ。

反省はするが、
自分は、新型カメラにほとんど興味がなく、フィルムカメラを触りたい人なので、買うのは中古が多い。
前より少し高くはなったが、それでも古いカメラやレンズは一部を除けば安いものだ。
しかも、傷や少々のクモリやカビなら平気なので、さらに安く買える場合もある。

200511へ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村



Appendix

プロフィール

fushianajin

Author:fushianajin
be級写真倶楽部です。
よろしくお願い致します。
(2015-09-26 以前の記事は全て旧ブログ時のものです)

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる