FC2ブログ

Entries

be旅 2015 鳥取・島根への旅 その3(鳥取の夜)

出雲大社を離れた一行は、時間的に余裕がなかったため「cafe ROSSO」http://www.caferosso.net/index.html (有名なバリスタの経営する店)に寄る予定を明日に延期し鳥取市内のホテルへと急いだ。予定より遅れてホテルに着くと、荷物をおいて直ぐに街に繰り出した。鳥取は飲食店も少ないためかどこも満席で、やっと5,6軒訪ね歩いて入店できた。be旅で飲み屋さんを探す時に一番元気になるのがサトナオである。しかし、この夜は、...

be旅 2015 鳥取・島根への旅 その2(出雲大社)

朝の4時に出発した我々は、13時過ぎに出雲市に入り旧大社駅に車をとめた。ここからは1時間半程度の自由行動。まずは出雲大社に参拝だ、と写真も撮らずに神門通りを真っ直ぐに一の鳥居〜四の鳥居へと歩を進めた。途中、出雲ぜんざいや出雲そばなどの文字が誘惑してくる…。旧大社駅の時刻表気のせいだろうか、前回見た縄の方がもっと大きかったような気がするのだ。下に下がった部分がもっと大きく長かったような…。ここは縁結びのス...

be旅 2015 鳥取・島根への旅 その1

11月21日〜23日にかけてbe旅2015と題して鳥取・島根へ旅してきた。もちろん、企画はあの国籍不明のアントニオ・ロドリゲス・フカーダだ。早朝の4時に出発して、3日間ずっとフカーダがハンドルを握った。彼は疲れ知らずだ。いや、少しは知っている。初日は、「すコシだーけツカレますタ」などと言っていた。なにしろ、初日は800kmくらい走っているのじゃないだろうか。無理もない。僕は高速が苦手なので一切運転は替わっ...

液晶テレビよりもプラズマテレビ

家のプラズマテレビがそろそろ寿命だ。画面右端に縦線が入りだしたので、人によっては既に寿命が来ていると言うかもしれない。次もプラズマテレビに買い替えたいが、いま 市場にプラズマテレビはなく困っている。液晶テレビもずいぶん良くなって来てるとはいえ、画質的にはまだプラズマテレビに分があると思うのだが。液晶テレビの画質は不自然過ぎてどうも苦手なのだ。液晶テレビとプラズマテレビは、デジタルカメラとフィルムカ...

Paris photo「 fotofever artfair 2015」写真家 内倉真一郎

延岡市の写真家 内倉真一郎くんに大注目だ。注目しているなんて言うと偉そうだが、延岡市に暮らしながら写真家としての彼の活躍は素晴らしい。この度のParis photo「 fotofever artfair 2015」への出品も嬉しいニュースだ。彼は、今年のbe級写真倶楽部作品展に来てくれた。特に案内状を出すわけでもないのだが(我が倶楽部はそのあたり適当で申し訳ない)、これまで何度か作品展に足を運んでくれている。多忙を極める彼が、be級写...

若手アーティスト支援 平成28年度 チャレンジギャラリー

宮崎県立美術館が、宮崎の若手アーティストの発表活動を支援する目的で個展開催希望者を募っている。1週間の発表空間を無償で提供するという条件だ。若手アーティストというのは、20歳以上39歳以下とのこと。詳細は以下に。http://www.miyazaki-archive.jp/bijutsu/box/challenge.html若い人の面白い写真をぜひ見たいので、宮崎出身者で都会で制作活動を続けている人とかも、ぜひチャレンジしてほしい。            ...

誤って写真を削除ッ!

ふ〜っ…。記事を投稿する際に写真をアップロードしたりするわけだが、今夜はそのアルバム上の写真を、ヒョイヒョイと20枚近く削除してしまった。途中で気づいたから最悪のケースは避けられたけれども。なんとバカな勘違いをしたのだろう。デスクトップのフォルダー内の写真を削除してるような感覚だったのだ。今夜のうちにやっておかねば、と最近の記事を10本以上アップし直した。もう懲りた。               ...

吉村昭の平家物語 吉村昭 著

吉村昭さんの本はたいてい読んで持っているつもりだったが、この本は知らなかった。津村節子さんの「三陸の海」と一緒に購入。平家物語なんて、最初の部分しか読んだことがない。読んだというか、教科書に載っていたというか(笑)この機会に長編の平家物語を読破してみたい。                                  にほんブログ村...

三陸の海 津村節子 著

津村節子さんという小説家は、僕の敬愛する吉村昭さんの奥様でもある。その吉村昭さんは、40年以上前に「海の壁 三陸沿岸大津波」を著していて、若い頃に同書を読んだ時には、「海の壁」という表現に大津波の規模と怖さをひしひしと感じたものだ。そして、2011年3月11日、日本中が自然の脅威に震えた。この世を去られた吉村昭さんの新刊が出ることはもう二度とないが、いまも関連本が出ると思わず手にとってしまう。『40年以上...

見られている! いや、見てくれている…(泣)

イケメンNNが、ブログ見てますよ、と言うので大変驚いた。僕は、前のYahoo!ブログでも更新が滞ることが多く、ずっと倶楽部員の期待(そもそも期待されていないかも)や一部のファン(と勝手に思っている)の期待をことごとく裏切ってきているのだった。そのようなわけで、もうこんなブログは誰も見てないもんね、どうせ自分の気ままな記録のようなもんだしー、と自分の不義理を棚に上げて拗ねていたのだ。パリ旅行の報告が最もいい...

オトナの課外授業 「be級写真のすすめ」

昨日、NPO法人のべおか市民力市場主催で行われた オトナの課外授業「be級写真のすすめ」に参加してきた。いちおう講師という事で、我が倶楽部のイケメンNNと2人で引き受けたのだったが、あんなので良かったんだろうか、と今頃になって気になっている。受講対象を純粋無垢なカメラ初心者とし、写真が上手になる保証はしない、ただ、写真をますます好きになる事はあるかもしれない、などとして受講者を募集したのだが、よく申し込ん...

もうすぐです 「エンジン01文化戦略会議オープンカレッジinのべおか」 

僕の住む延岡市にかってこれだけのいわゆる著名人が集まる事があっただろうか。このメンバー、凄いです。恥ずかしながら、今年になるまでエンジン01なんて聞いた事もなかった自分だが、2001年に発足と言うから、これまでどうしてその名を知らなかったのか不思議なくらいだ。ま、ネーミングがイマイチなんだろうな、と自分の不勉強を棚に上げて言ってしまおう(笑)だって、Encourage Japan Intelligent Network などと言われ...

be旅 2015 植田正治写真美術館を再訪

しばらくブログの更新を怠ってしまった…。反省だ。さて、今回は、間直に迫ったbe級写真倶楽部の撮影旅行(be旅)のお知らせだ。お知らせと言っても、既に同行メンバーも決まっているのであまり意味はないのだが、ここは、be旅担当の黒豆ことド・サントス・フカーダが寝る間も惜しんで作成した旅のしおりの表紙のみをアップしておきたい。中もお見せしたいが、個人情報満載なので断念。表紙を除いて9ページにもわたる大作だ。今回...

祝 「ALFEE」OPEN30周年 !

「ALFEE」30周年と言っても、あのTHE ALFEEじゃーない。地元のブティックのことだ。記念のパーティーに招待してもらった。30年前の事はかすかにしか覚えていないが、たしかオープン時には、2階にメンズとカフェがあった。いま、2階のカフェはなくなり、メンズも1階に降りてきたが、30年に渡って常に最新のファッション情報を発信し続けて来られた事に敬意と感謝を表したい。洋服を買いに、わざわざ隣の大分県や宮崎市に行...

パリ 最後の晩餐(笑)

SKと待ち合わせをして、2人で夕食をとる事になった。SKは、当時、某新聞社と宮崎県?から軍資金を得ての1年間のパリ留学中の身なので、安くて美味い店しか知らないのだ。僕はと言えば、グルメにはほど遠いので、何を食べてもたいていは「美味い!」 のだった。で、この店なんだけど、外観を撮影していないので、何とも中途半端な報告ではあるけれど、とても美味かった。2009年に訪れたこの店は、はたして今も健在だろうか。自席か...

Appendix

プロフィール

fushianajin

Author:fushianajin
be級写真倶楽部です。
よろしくお願い致します。
(2015-09-26 以前の記事は全て旧ブログ時のものです)

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる