FC2ブログ

Entries

Oさんと道路を挟んで会話する

前職の先輩でへぼ囲碁仲間で、いまは某地方議会の議員をしていて、一時期は自分の上司でもあったOさんを街で見かけた。
横断歩道の向こうとこちらでお互いに気づいたのだが、久しぶりだったので、ちょっと話しをしたくなった。

信号が青に変わるまで、手話での会話となった。
「ひさしぶり〜」
「ほんとに」
「いつも忙しそうですね」
「今日は仕事は休み?」
「いま帰りですよ」
みたいな会話を下手な手話で行ったのだった。

お互い聴覚障がい者ではないが、たまに会うと、むかし勉強した手話でこのような会話をする。
一番多く使うのは、「わからない」や「難しい」という手話だ(笑)
指文字も多くを忘れてしまっているし、手話での会話が長続きするはずもないのだ。
最後は、「わからない」や「難しい」でごまかしてしまうというのが情けない……が。

こんな手話の使い方に、問題ありと苦言を呈する方もおられるかもしれないが、手話を身近なものとして、聴覚障がい者と挨拶や簡単な会話くらいできるようになる事は大事な事だと思う。
手話の普及にゲーム的な遊び要素を取り入れていくといいのかもしれない。
聴覚障がい者でなくとも、手話、いいんじゃないかな。
職場で上司の悪口も目の前で堂々と言えるぞ(笑)

冗談はさておき、
この自転車、そのOさんの乗っていたもの。
なぜ、このスタンドに鉄筋を曲げて足しているのかよくわからない。
説明を聞いたのだが、「ちょっと何言ってるかわからない」という感じだった。
Oさんの手話の方がはるかにわかりやすかった。

後で思うに、これは転倒防止のためなのかと思った。
Oさんも、カーブでどうのこうのと言ったような気がする。
でも、本当に「ちょっと何言ってるかわからない」

20191026スタンド

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://beclass.blog.fc2.com/tb.php/1239-5fa24b6e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

fushianajin

Author:fushianajin
be級写真倶楽部です。
よろしくお願い致します。
(2015-09-26 以前の記事は全て旧ブログ時のものです)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる