FC2ブログ

Entries

パリで一人ぼっちに。。

SKと二人、ポンピドウ・センターを訪ねたこの日、イケメンNNとNSは、二人して早朝からモンサンミッシェルへと出かけた。もちろん、僕も誘われてはいたのだが、モンサンミッシェルは、パリから行くには遠過ぎるのだ。感覚としては、延岡から海を越えて山口県に行くくらいだろうか。いや、もう少しあるかもしれない。とにかく、二人は、早朝に出て、夜の10時くらいに戻って来たのだった。僕も世界遺産は見たかったが、そこへ行けば、パリを歩く時間が1日少なくなる。泣く泣く断った。彼らは、パリが二度目というのもあったのだろう。僕に少しも遠慮することもなく、仲良く出かけたのだ(笑)
で、僕は、パリ在住のSKがいるから「ちっとも、困らんもんね~だ」と高をくくっていた、すると、頼みのSKから思いもよらない言葉が発せられたのであったのであったのだ(しつこい)

「午後から、こちらの友達に会う約束があるんですよ」
「なに!俺は聞いてねーぞー!」
などと、僕が言うはずがないではないか、冷静を装いながらも、心の中では、エーッ!と叫んでいた。すると、僕の微妙な心の動きを悟ったのだろう、SKが、
「一緒に行きますか?」
と誘ってくれた。しかし、シャイな僕なのだ、ここで、見ず知らずのフランス人と半日気を使いながら一緒にいるくらいなら、死んだ方がましなのだ、とまでは思わなかったが、俺は、たくさん歩きたいのだ!! と、彼の優しい誘いを断って、
「俺は、一人で歩いてみるぜよ」(カッコいい! 渋い声で言ったつもりだが、少し声がうわずっていたかもしれない。。)
と言ったのだ。

NN、NS、SK、この年寄りイジメの3人のお陰で、僕は、パリで貴重な体験をすることができた。あらためて、感謝したい(これは、皮肉でなく本心である。)



まずは、1人歩きをする自分を撮影した。
並々ならぬ決意にあふれた顔だ(笑)
ミノルタのカメラにオリンパスのストラップ。
日本でなら、かっこ悪いと思う輩もいるだろうが、パリでは、こんなことは気にならない
むしろ、素敵なのだ。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://beclass.blog.fc2.com/tb.php/169-ee97470a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

fushianajin

Author:fushianajin
be級写真倶楽部です。
よろしくお願い致します。
(2015-09-26 以前の記事は全て旧ブログ時のものです)

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる