FC2ブログ

Entries

第10回作品展「寫真失格」終了 ご来場ありがとうございました

今年の作品展「寫真失格」を先月の22日に終えました。
会期中、多くの方にご来場いただきました。
遅くなりましたが、この場を借りて、御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

IMG_4059.jpg

「写真失格」が、いつのまにか「寫真失格」に変わっているなどという指摘もあろうかと思うが、これは、ポスターを描いたSKに敬意を表して「寫真失格」にしただけのことで、自分的にはどちらでも良いと思っている。
会期中に、展示が微妙に変化するメンバーもいたりする我がbe級写真倶楽部だから、作品展のタイトルが途中から少々変わるぐらい何とも思わないのだ。
むしろ、我々に余力があれば、毎日、展示内容を変えるなどという事もやってみたいくらいだ。

今回の作品展は、どこが「寫真失格」なのか、という永遠の疑問は残ってしまったが、ま、無事にトラブルもなく終えたのでホッとしている。
代表、いや、特に心配性の自分としては、無事に作品展が終えられた事に感謝したい。

10回もやると、be級写真倶楽部には言ってもしょうがない、と思うのか、「代表を呼んでくれ」などという困ったおじいさんはいなくなった。以前は、ピントが悪いとか、何を言いたいのかわからない、などとご指摘をいただくうるさいおじいさんが来られたものだが、それを我々に言われても困るのだ。ピント❔おそらくわざと外してるんだと思います‥。としか答えようがないのだ。

今回、NNが「自分としてはやりきりました」と言っていたのが印象に残っている。
その言葉どおり、彼の展示は面白かった。
作品展を開いておきながら、見に来てくださいと言っておきながら、見せない、という意表をつく展示は、末代までもbe級写真史に語りつがれることであろう。

おそらく、彼は、今回が最後の参加になるのかもしれない。
でも、またいつか、近い将来に、一緒にやりたいと思う。
彼の感性は捨てがたいので、カメラは手放さずにいつでも撮れる状態にしておいてほしい。

全体としては、10回展にしてはやや物足りなかったという印象は否めないのかな。
みんな、もっと破天荒にやってくれると思っていたのだが‥。
ま、自分も真面目に作品づくりしてしまったのだけど(笑)

さて、来年、11回展をやるとしたら、作品展の担当を自分以外のメンバーの誰かに決めようと思うが、どうだろうか。
作品展の一切の仕切りを新しい担当に任せる。
そうすれば、何か新しいものが生まれてくるのかもしれない。

IMG_4051.jpg

IMG_4060.jpg

↑ 
会場内に、第1回からのポスターを順に展示してみた。
こうやってみると、なかなか感慨深いものがある。






関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://beclass.blog.fc2.com/tb.php/806-52b9843c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

fushianajin

Author:fushianajin
be級写真倶楽部です。
よろしくお願い致します。
(2015-09-26 以前の記事は全て旧ブログ時のものです)

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる